こんな体験してみたい?

霊能者同士のバトル!とかちょっと憧れることがあります。
普通とちょっと違うのがイイなみたいな、ね?

けれど

見えることはほんとにステキなのだろうか

てことで今日は霊について。

いるんですよ 実家に 何かが。

今日はいくつかの話をぺたぺた並べてみようと思います。
------------------------------------------------------------
まあうちはそういう感覚がないため「フーン」となるのですが
ママンが毎回帰省するたびにこんなことあったあんなことあったと
お話してくるのです(´・ω・`)

↓過去聞かされた話

■眠っていると冷たいモノが首にあたって女性の声で「マーちゃん…マーちゃん…」と 誰かを呼ぶ声がしたとか(家族の名前ではないので他人?)

■眠っていると金縛りにあって姿は見えないけど傍で「キャアアアアアアーーー」と細い女の叫びが聞こえるとか。

■仏壇の前に座っていたら部屋の隅からミシミシ人の歩く音がしてしかも音が段々近づいてくるとか(((('Д'))))

■眠っていると触手のような感覚のものが自分の腰をマッサージしてくれたとか。
 (次の日普段マッサージなんてしないから腰が痛くなったと嘆くママン)

とりあえず 何か は居るらしい。
祖父の夢の中に毎晩のように祖母が現れることを聞いて。
ひょっとしたら家に居るのは祖母の霊で、浮かばれてないのかな・・・・・と思うこともあるそうで。

まあほんとに祖母かもわからないし、フリをされてるだけなのかもしれないけど
マッサージしてくれるし悪い霊じゃないっぽいよと割とのんきなママンです。

--------------------------------------------------------------

話は少し変わってママンにはおねえちゃんがいます(叔母様)
どうでもいい補足ですがママンと二人揃うとほんと美人姉妹です。
…ああ何故母親に似なかったんだろうと悔しく思う今日この頃。

それはおいといて…この人も霊感はある方らしく…
実家での被害(?)はないのですが市民病院に行くと毎度のこと、だそうで。

ある台風が近づく風の強い日、市民病院へ行った叔母は二つドアの向こうにあるロビーへ行こうとしていました。
一枚目のドアを開けるとすごい向かい風が吹いています。
まあ台風だしね。と思いその部屋の中央まで来ると。
奥にある2枚目のドアが勝手に開きました。

何故か 風 が 吹 く 方 向 と は 逆 の 方 向 に …

とりあえず勝手に開いたし、と扉をくぐってロビーへ行くと。

風はまったく吹いていませんでした。

誰も傍にはおらず、通る時も一人だったのに。
そして後から知った話だけれどロビーを繋ぐ途中の部屋の右にはもうひとつ部屋がありました。

それは 霊安室

しかも丁度自衛隊の方が一名お亡くなりになりその時そこに入っていたそうです((('Д';

まあ風が吹くとドアが開くこともあるし深く考えないようにします。
開けてくれたんちゃうーだなんていわないでよママン。
考えたら夜眠れないよ怖くて;-;

で、そんな叔母の家は以前の住人が亡くなったらしく…
皆が1Fに居るのに2Fから走り回る音が聞こえたり、誰も居ないはずのお風呂場から声がしたり。
閉めても閉めても開くおしいれ。
長男の部屋の前に体育座りで居る少女…・・・・・

とりあえず一言
見えてるなら引っ越せと…(;´Д`)

実際あまりイイコトも起きてませんし
ママンいわく付近の住宅と写真とったらその家だけスプレー吹いたような黒いオーラが見えるとか。
とっても気持ち悪い家だそうです。

えーっと…

とりあえず見えない方が幸せなこともある ヽ(´ω`)ノ ・・・・
[PR]
by aisiina | 2005-10-03 01:04 | DIARY